幸せな結婚生活はいつまでも続かない。浮気・離婚の末に多額の借金を背負い債務整理をした管理人が教える人生の酸いも甘いもな情報

結婚・浮気・離婚で出来た多額の借金の債務整理をした人が教える情報

宮崎県で過払い金請求に強い司法書士・弁護士事務所

宮崎県で過払い金請求に強い司法書士・弁護士事務所

宮崎県で過払い金請求のできる司法書士・弁護士事務所

みなみ総合法律事務所
事務所詳細
住所 宮崎県宮崎市旭1-8-19 楠並木ビル5階
電話 0985-77-5227
営業時間 平日9:00~21:00
債務整理料金
任意整理 1社当たり4万円+減額分の10%
過払い金請求 返還を受けた過払金の20%
自己破産 30万円~
個人再生 30万円~
宮崎県内最大級の法律事務所として、地元宮崎において、債務整理・過払い請求・自己破産などによる借金問題の解決にあたっております。できる限り依頼者であるお客様に有利に解決できるように、誠実に解決してまいります。

近藤和弘法律事務所
事務所詳細
住所 宮崎県都城市広原町12-3-3 ライトプレイス205
電話 0986-21-6172
営業時間 (掲示なし)
債務整理料金
任意整理 1社当たり32,400円+減額分の10%+過払い金の20~25%
過払い金請求 返還を受けた過払金の20~25%
自己破産 216,000円~
個人再生 324,000円~
債務整理関係(任意整理、破産、個人再生、過払い金返還請求)を取り扱っている事務所です。

みやざき 延岡事務所
事務所詳細
住所 宮崎県延岡市中町2丁目1番7号 ジブラルタ生命 延岡ビル4階
電話 0982-35-5100
営業時間 平日9:30~17:30
債務整理料金
任意整理 着手金20,000円/1社 + 減額金額の10%
過払い金請求 着手金20,000円/1社 + 返還金額の20%
自己破産 300,000円~
個人再生 400,000円~
複数の拠点を持つ宮崎県最大規模の弁護士事務所です。所属弁護士たちが協議のうえ対応するので質の高い弁護士業務を実現しています。
司法書士などのほかの専門家とも連携し、適切な法的サービスを提供しています。弁護士費用の分割払い等も相談に応じていますのでお問い合わせください。

今すぐ無料相談する!

宮崎県で多い過払い金請求について

過払い金(グレーゾーン金利)とは消費者金融やカード会社に払いすぎたお金(取られ過ぎた利息)。
お金を貸す時の利息は利息制限法という法律で定められてましたが、2007年くらいまで多くの消費者金融やカード会社(貸金業者)がこの法律より高い利息で、お金を貸していました。

世間で過払い金請求というキーワードが先走り過ぎていて、多くの人が勘違いしている過払い金請求。
これって、完済した借金に対する請求以外は、債務整理という扱いになり、ブラックリストに載ってしまうんです。
というか、過払い金請求というのは、元来、完済した借金に対して行うことを言い、借入中のものに関しては債務整理という扱いになるんです。
なので、世間一般で言われる、過払い金請求はブラックリストに載らないというのは、完済した借金に対する過払い金請求であり、借金中の請求は確実にブラックリストに載ってしまいます。

ただし、借入中の過払い金請求であっても、過払い金で借金を完済できるような事案に関しては、ポイントが異なります。
まず、借入中の過払い金請求を行った時点で、信用情報機関に債務整理として登録されます。
そして、過払い金で完済できれば、その債務整理の登録情報は削除されるので、結果的にはブラックリストはキレイな状態で保たれます。

噂ではブラックリストに入ってしまって新たな借入が難しくなってしまうということです。

しかし、これは平成22年当初の話で、金融庁の見解によると、これは間違っていて本来払い過ぎた利息を取り戻しただけで、
それによって返済がされているのであればブラックリスト入りは不当ということになりました。

つまり、過払い金請求をした後でも債務整理をしていなければ、ブラックリストに入ることはありません。
その後も普通にクレジットカードを使ったりキャッシングをすることが出来ます。

もう一つのデメリットは自分で行うことが難しいということです。
過払い金請求するためには、消費者金融などの金融機関と交渉しなくてはいけないので、なかなか素人の場合、思うように事が進まなく苦労が大きいというとこです。

よほど腰を据えて知識武装をして臨まないと思ったような結果は得られないということです。ネット上では簡単に出来るように書いてありますが、実際にはそうはいきません。それでは専門家に依頼するとどうなのかというと、スムーズに過払い金を取り戻してくれますが、依頼料がかかります。

一般的に着手金が2万円から5万円。還金額の15%から20%の成果報酬が必要です。
しかし、これらのデメリットを補って余りあるメリットもあります。実際に数百万円の借金が大幅に減って毎月の返済が楽になった例も多いです。お金の問題を解決することで、暗かった家庭も明るくなったり、夫婦仲が良くなったり、毎日希望を持って生きることが出来るようになります。

過払い金は金融機関が倒産してからではお金は返ってきません。早めの行動をすることで確実に取り戻す必要があります。ただ、過払い金対象に当てはまらない人もいるので、実際のところどうなのかは、無料相談で確認してみましょう。匿名で出来る無料相談で、自分は本当に過払い金請求出来るのか、どのくらいの金額が取り戻せるのか診断してもらいましょう。

法には、債権を持っていたとしても、これを使わない状態が10年間続くと、その債権は消滅してしまい、もはや請求できなくなるという規定があります。これを「消滅時効」といいます。過払い金の返還を求める権利も債権である以上、10年で消滅時効となり、それ以降は請求できなくなってしまいます。

過払い金返還請求権が10年で消滅するとはいうものの、一体どの時点から10年なのか、という点が、かつては論争となっていました。しかし、今は判例(裁判所の判断の先例)によって解決されており、「最終の返済日から」10年と解釈されています。借入日や、初回の返済日が10年以上前であったとしても、最終返済日から10年経っていなければ、過払い金返還請求はできることになります。

完済日から10年以上経ってしまった場合でも、取り戻せる可能性はゼロではありません。取り立てのされ方がひどかった場合などには、貸金業者からの請求を「不法行為」ととらえて請求すればよいのです。

不法行為とは、違法な行為によって人に損害を与えた場合に、その被害者が加害者に対して損害賠償を求めることができる、というルールです。

例えば、交通事故の被害者が治療費を請求する場合や、不倫をされた人が慰謝料を請求する場合がこれに当たります。借金の悪質な取り立て行為も、この不法行為と見る余地があるのです。

新しい問題として議論されているのは、「取引の分断」があった場合の消滅時効の考え方です。取引の分断とは、例えば、A社から平成2年に借り入れて平成10年に一度は完済したものの、再びA社から平成12年に借り入れて平成20年に完済した、というように、途中で一度完済している場合のことをいいます。

この場合、前の取引と後の取引とを合わせて1つの契約だと考えると、そのすべての返済が終わった時(上の例では平成20年)から時効を数え始めることになるので、平成30年が来るまではすべての過払い金の返還請求ができます。

ところが、前の取引と後の取引とが別々の2つの契約だと考えると、前の取引についてはその返済が終わった時(上の例では平成10年)から時効を数え始めることになるため、平成20年が来てしまうと、前の取引から生じた過払い金に関しては、返還請求ができなくなってしまうのです。

過払い金請求の多い宮崎県について

宮崎県(みやざきけん)は九州地方南東部に位置する日本の県。県庁所在地は宮崎市。
県木「フェニックス」に代表される南国情緒豊かな気候から、1960年代には日南地区を中心とした新婚旅行のメッカだった。現在も春季のプロ野球などのキャンプ地として知られる。
全体的に日照時間・降水量ともに全国で上位で、特にえびの高原、鰐塚山の降水量は日本有数となっている。平野部での降雪・積雪は稀であり、宮崎市の気象台では初雪が観測されない年がある一方、九州山地では積雪する地域があり、日本最南端の天然スキー場もある。標高1150mにあるえびの高原は九州屈指の寒冷地とされ、1968年2月26日には−20.2°Cという九州地方における最低気温を記録している[1]。夏は季節風の南東風により蒸し暑い状態が続くものの、海風であるためそれほど高温にはならない。むしろ九州山地などを吹き降ろす南西風が多くなる梅雨末期の方が高温である。夏から秋にかけては台風が襲うが、台風本体が接近していない段階から湿った東風により長期間雨に見舞われることが多いため、被害がさらに拡大することもある。冬は乾いた西風が卓越し、快晴の日が多い。国内で冬に多照となる地域では最も暖かいこの気候を利用し、スポーツチームのキャンプやゴルフ客が多数訪れる。宮崎市以南の日向灘沿岸には無霜地帯が存在する。

日本有数の農業県であり、農業産出額(2007年)は全国6位(九州2位)。温暖な気候を利用し、稲作においては超早場米の生産地として有名であり、また、野菜・果実等の促成栽培、葉たばこ・サツマイモ等の商品性作物の生産が盛ん。また、牧畜業は乳牛・肉牛・豚・鶏の全てにおいて日本有数の生産高を誇る。以前はそれほど知名度が高くなかった農畜産物も、2007年に知事に就任した東国原英夫の全国規模のマスメディア露出により急速に知名度を上げている。
県中央部に広がる宮崎平野では、冬季の日照に恵まれた温暖な気候を利用して様々な野菜が栽培されている。1953年から1960年にかけてビニールハウスが普及した。
ダイコンの作付け面積は日本国内3位であり、特に秋冬物の生産量は日本一である。切り干し大根は古くから作られていたが、1906年、愛知県から宮崎郡住吉村(現在の住吉地域自治区)へ移住した長谷川弥七らによって本格的な生産が始められた。大正時代に鉄道や港湾が整備されると北部九州方面あるいは東京方面へも出荷されるようになった。初期の産地は宮崎市周辺であったが、後に周辺部へ移り、現在は国富町と清武町が主要産地となっている。作付面積は1,000ヘクタール以上、生産量5,500トン、生産額23億円は日本一である。
キュウリは1895年、宮崎市上野町(現在は小戸地域自治区に属する)で栽培が始まった。現在では宮崎市、西都市、国富町、新富町、綾町が主要産地であり大阪、東京、福岡県へ出荷される。2007年における生産量は60,700トン、生産額は185億円で群馬県に次いで日本国内2位、特に冬春物は1位である。
ピーマンは昭和初期、高知県からの移住者により本格的な生産が始められ、昭和40年代以降に普及した。現在では西都市、宮崎市、新富町、日南市、国富町が主要産地であり大阪、東京、名古屋へ出荷される。2007年における生産量は29,400トン、生産額は110億円で茨城県に次いで日本国内2位、特に冬春物は1位である。
全国第一位 スイートピー、ブロイラー、切り干し大根、日向夏生産量
椎茸栽培 乾し椎茸の生産高は全国第2位。その他、全国2位のものは多い。
マンゴー 「太陽のタマゴ」と銘打つブランドを展開

県庁所在地は宮崎市。総人口は約111万人(2014年12月1日現在)
知事は、東国原前知事の下で副知事を務めていた河野俊嗣(こうの しゅんじ)。[2011年1月21日 就任]
県の木はフェニックス。宮崎市など県内の至る所に植えられていて、南国風味漂う景観になっている。その他に山桜や飫肥杉も県の木に指定されている。
日本の気候区では太平洋側気候(南海型)に該当する。

夏季~秋季における降水量が非常に多く、この時期は連日のようにどんより空が続くことも。えびの高原や鰐塚山などは日本有数の豪雨地帯である。また台風の通り道にもなりやすく、しかも勢力が強い時期に来るため水害・土砂災害などが起こりやすい。

一方で、冬季においては安定した晴れの日になることが多い。九州の他県が雪マークでも「宮崎だけ晴れマーク」ということもある。宮崎市の青島以南では無霜地帯(霜が降りない地域)も存在する。

しかしこれは平野部に限ったことであり、山間部(特に高千穂・五ヶ瀬周辺)では毎年積雪するので注意(平野部で積雪するのは10年に1度あるかないか)。
他県に行く場合は山を越えなければならないので、冬季に自家用車で移動するにはスタッドレス・チェーン等が必要になる。

また平野部に関して特筆すべきことは、晴天率と日照時間の長さが全国トップクラスということである。
1981年~2011年における年間日照時間の平均値は全国3位(2116.1時間、全国平均は1908.6時間)であり、年間快晴日数は2008年・2011年で全国1位、2009年では全国2位となっている。

投稿日:

Copyright© 結婚・浮気・離婚で出来た多額の借金の債務整理をした人が教える情報 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.