幸せな結婚生活はいつまでも続かない。浮気・離婚の末に多額の借金を背負い債務整理をした管理人が教える人生の酸いも甘いもな情報

結婚・浮気・離婚で出来た多額の借金の債務整理をした人が教える情報

絶対秘密の借金!家族や恋人、職場、誰にも内緒で債務整理するコツ

借金が返せなくなって債務整理を検討中だけれど、周りにバレるのが心配で悩んでいるという方も多いと思います。債務整理したことがバレたら、借金をしていたこともバレてしまうと考えるのは当然ですよね。周囲に知られることなく借金問題を解決し、返済をラクにしたい場合には、債務整理の中でも任意整理を選ぶのがおすすめです。
家族や職場に内緒で債務整理手続きを進めるコツをまとめてみました。

今すぐ無料相談する!

任意整理なら周囲にバレずに借金を減らすことができる

家族や会社の同僚、近所の人など、周りの人に知られることなく債務整理をしたいなら、任意整理を選ぶのがいちばん安心です。自己破産や個人再生など、裁判所を通した手続きをとると、国が発行する「官報」という新聞に名前が出てしまいます。官報は一般の人が見ることはほとんどないとはいえ、やはり名前が掲載されるのは落ち着かないと思います。

任意整理は、裁判所を通さないでおこなう債務整理の方法です。
消費者金融などの貸金業者と個別に交渉し、今ある借金の将来利息をカットしてもらう手続きになります。過払い金が発生していた場合、払い過ぎた利息を取り戻して元金の返済に充当することができるので借金の減額も可能です。なお、個人で貸金業者と交渉しても相手にしてもらえませんから、任意整理をするなら、司法書士や弁護士などの専門家に依頼する必要があります。

金融業者から本人に直接連絡がいくことはない

司法書士が任意整理の依頼を受けると、貸金業者に「受任通知」を送ります。受任通知には、司法書士が債務者(借金をしている人)の代理人として交渉を行うので、今後の連絡は全て司法書士宛にしてほしい旨が記載されています。

その後の貸金業者からの連絡は全て代理人である司法書士宛にいきますから、任意整理手続き中に家に文書が届いたり、勤務先に電話がかかってきたりすることはありません。任意整理の交渉を行っているという事実が家族や職場に知られることもないということです。

司法書士からの連絡は携帯に入れてもらうよう念押ししよう

任意整理中は貸金業者から連絡がくることはありませんが、司法書士とは連絡をとらなければ手続きが進められません。周囲にバレずに手続きを進めたいなら、司法書士に依頼する際に、連絡は必ず個人の携帯電話に入れてもらうよう、念押ししておくと安心です。

通常、司法書士は本人の許可なく家族のいる家に電話をかけたり、職場に電話をかけたりすることはしません。しかし、連絡がとれなくなった場合にはやむを得ず匿名で自宅や会社に電話をかけることもあります。司法書士事務所から携帯に着信があったときには必ず自分からかけ直す、もし携帯の番号が変わるなどした場合には忘れずに報告しておくなど、司法書士との連絡がスムーズにとれるように意識しておきましょう。

まとめ

周囲に内緒で任意整理を成功させるために、まずは信頼できる司法書士を選んで依頼しましょう。なお、司法書士に頼んだからあとはおまかせというのではなく、必要な連絡をきちんととるなど、司法書士との信頼関係を築くことも大切です。

投稿日:

Copyright© 結婚・浮気・離婚で出来た多額の借金の債務整理をした人が教える情報 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.