幸せな結婚生活はいつまでも続かない。浮気・離婚の末に多額の借金を背負い債務整理をした管理人が教える人生の酸いも甘いもな情報

結婚・浮気・離婚で出来た多額の借金の債務整理をした人が教える情報

流産した妻に夫は何が出来る?夫婦の絆を深める6つの対応策をご紹介します

「流産」について調べようと検索した時、流産そのものの紹介ページだけでなく、夫の態度に落胆して離婚も頭をよぎる女性からの相談を数多く見かけました。流産した時の夫の態度に対する不満をもつ女性は、どうやら少なくないようです。とはいえ、「どのように対応したらいいか分からない」というのが男性の本音かと思います。知らず知らずのうちにパートナーを傷つけてしまわぬよう、どう行動したらいいか解説しましょう。

夫婦の絆を深める流産時の対応とは?
夫婦にとって待望の赤ちゃんが無残にも流れてしまった時、夫はどのような対応をすれば良いでしょう?この場合「男性は本当に無能。こういう時に何も出来ない」と嘆く男性が非常に多いのです。

しかし、妻が流産をした時こそ、夫の対応が重要になってきます。間違いなく、1番傷ついているのは奥さんでしょう。この場合にどのような言葉をかけるのが正解か、どういった対応をすれば良いのかご紹介します。
ページTOPへ
流産時の対応が大切な理由とは?
「男性は何も出来ない」なんて決して思わないでください。傷ついている時にこそ、女性はパートナーの支えを必要とするものです。夫の支えがなければ、妻は正気でいられません。それでは、女性側の胸の内をご紹介しましょう。
夫のケアで妻は救われる

「力になりたい、頼りになりたい」という思いがあるのでしたら、是非それを行動に移してください。ご主人の優しい対応によって、奥様はきっと救われるはずです。

流産は誰のせいでもありません。様々な要因が重なって、その結果として赤ちゃんが育つ環境を作ることが出来なかったというだけです。だから、誰が悪いというのはないのです。

しかし、女性は自分自身を責めます。まるで自分が赤ちゃんを死なせてしまったかのような気持ちになるのです。このような時こそ、ご主人のケアが大事になってきます。

「そっとしておこう」という考えで奥様を放置してしまうと、彼女は「冷たい」と感じてしまうかもしれません。ご主人は是非、気持ちをしっかりと言葉に表してください。
酷い態度は離婚を招く
流産をしてしまった時、妻は自分を責めるでしょう。悔やんでも悔やみきれない思いで、数ヶ月にわたり涙を流し続けることも少なくありません。

そうなっている妻に対して「いつまでもメソメソするな」と、冷たい態度を取るご主人もいます。そのご主人の態度が夫婦仲を悪くし、最悪の場合は離婚に至ってしまうことがあります。

ご主人は仕事に家庭にと考えることが沢山あって、いつまでも下を向いていられないというのが正直なところかもしれません。しかし、そこはぐっと堪えてパートナーをいたわる必要があります。
ページTOPへ
夫が知っておきたい流産に関する4つの知識
妊娠・出産は、決して女性だけのものではありません。パートナーである男性も、その役割を担っているのです。ですから、流産に関する知識もしっかり習得しておいて欲しいのです。これだけは押さえて欲しい4つの知識をご紹介します。
1.自然妊娠での流産の確率は約15%

自然妊娠での流産率は、約15%だと言われています。そして、妊娠12週未満までの流産が約13%、妊娠12週以降の流産が約2%と、流産のほとんどは初期流産なのです。

赤ちゃんを授かったという喜びから一転してしまうので、その落差はあまりに大きいものだと言えるでしょう。ましてや、やっと授かったという経緯があれば尚更そうかもしれません。

ちなみに、体外受精になると流産の可能性は20〜25%まで上昇します。年をとるごとに受精卵の染色体異常の割合が高くなるため、流産する確率も高くなります。
2.流産の多くは親の責任ではない
初期流産の原因は、約70%が胎児の染色体異常によるものと言われています。互いの身体に何の異常もない夫婦であっても、卵子や精子、受精卵には、ある一定の割合で染色体異常が発生します。

染色体異常以外の原因も含めると、初期流産の原因のほとんどは、親ではなく胎児側にあると考えたほうが良いでしょう。つまり、妻が悪いわけでも夫が悪いわけでもないのです。
3.女性への精神的打撃は大きい
流産をすると、赤ちゃんを失ったショックで、泣いても泣いても立ち直れないという女性が多いのです。せっかく授かった子どもと会えなくなってしまうのですから、その悲しみは計り知れません。

また、次にも流産を起こすのではという不安から、精神的に落ち込む女性も少なくないのです。「また次がんばろう」と声をかけられても、すぐに気持ちを切り替えることは不可能なのです。
4.出血や痛みなどの身体的打撃が残ることも
流産をしてしまった女性の子宮の中には傷ができます。特に、粘膜部分の傷によって酷い痛みを感じることが多いのです。さらに、傷の影響から出血をともなう場合もあります。

また、妊娠や流産によってホルモンにも変化があります。ホルモンバランスが崩れることにより、胸が張ったり、しこりを感じるケースもあるようです。
ページTOPへ
流産後に夫がすべき6つのケアとは?
男性にとって、パートナーである女性が流産で悲しんでいる様子を見るのはつらいことです。そんな時にどうケアしていけば良いのか、具体的な方法を6つご紹介します。
1.悲しみを分かち合う

流産のつらさを経験すると本当に辛いものです。奥様は自分を責め、気持ちをどこに持っていっていいのか分からず落胆するでしょう。そんな時は、ただ奥様に寄り添って悲しみを共有してください。

男性はすぐに正論を言ってしまいがちですが、励ましの言葉は逆効果を生みます。「また頑張ろう」「次がある」などと言ってしまったら、女性は男性のことを「所詮、人ごとなんだな」と思い、さらに悲しくなります。

気持ちが不安定な奥様から辛辣な言葉を浴びせられるかもしれませんが、そこは我慢して「僕もつらい。夜も眠れない」など、一緒に悲しみを共有する言葉をかけて差し上げてください。
2.辛い気持ちを聞く
奥様が自分の胸の内を言葉にして発しているのであれば、その辛い気持ちを受け止めてあげましょう。しっかり話を聞いてもらうだけでも、幾分気持ちが落ち着きます。

取り乱した状態の奥様は、ときに支離滅裂な文章をあなたに浴びせるかもしれません。そんな時にも、あなたは黙って話を聞き、奥様に寄り添っておくだけで十分です。
3.たっぷりと泣かせる
奥様が何日も何ヶ月も泣き続けていたら、ご主人は心配になるかもしれません。そこで「いつまでもメソメソするな」「そろそろ立ち直って欲しい」など、行動を否定するようなことはNGです。

とにかく、たっぷりと泣かせてあげるのも大事です。後悔して、そして泣いて、徐々に気持ちの整理をしている状態なのです。その行動を否定せず、根気よく奥様に寄り添って差し上げてください。
4.原因追求はしない
前の項でも述べましたが、流産は誰のせいでもありません。なので、原因の追求をすることだけは決してしないでください。奥様をさらに落ち込ませる要因となってしまいます。
5.体調に配慮する
「かけてあげる言葉がない」と悩むご主人も多いようですが、単純に奥様の体調を気遣う言葉で良いのです。「身体は大丈夫?何か僕に出来ることはない?」と、優しく声をかけてあげてください。
6.家事などをサポートする
奥様が傷ついているうちは、とにかく奥様を気遣うことが第一です。ここであなたが会社の飲み会に参加しようとしようものなら、奥様はあなたの存在を必要としなくなることでしょう。

「やっぱり男性にとっては人ごとなのだな」と考え、最悪の場合は離婚に至ってしまいます。流産は夫婦で乗り越えなければならない問題です。

奥様が落ち込んでいるうちは家事を積極的に手伝い、飲み会などの付き合いは可能なかぎり避けましょう。流産後の対応が、今後の夫婦仲を左右すると言っても過言ではありませんよ。
ページTOPへ
流産は夫と妻の2人で乗り越えるもの

流産を経験して、それと共に乗り越えた夫婦は、その後も強い絆で結ばれます。相手が深い悲しみにいる時こそ、パートナーの存在が大事になるのです。

「何も出来ない」「男は無能」だなんて言わず、ただ奥様に寄り添ってあげてください。その時は苦しくとも、必ず後に「あの時は2人で頑張ったね」と振り返れる時が来るはずです。

投稿日:

Copyright© 結婚・浮気・離婚で出来た多額の借金の債務整理をした人が教える情報 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.